意識低い系の読書メモ

文学・会計学が中心

(感想)ヘミングウェイ「日はまた昇る」

原題は"The Sun also rises”。
ジェイクたちのモラトリアム的・享楽的・退廃的な日々。
時代は第一次大戦後、ジェイクの祖国アメリカは第一次世界大戦を得て、世界トップ国としての存在感を増した。
このころのアメリカには、どこか質実剛健で勤勉なイメージがあるらしい。
実際すでに世界一の産業力を誇っていたし、禁酒法なんて法律があり、10年以上も酒を飲むことが(一応は)禁止されていたのである。
 
かたや戦争でボロボロのヨーロッパ。
敗戦国でなくてもドルの価値が上がりまくりで、アメリカ人が酒を飲んでハメを外すにはうってつけの場所だったようだ。
しかし物語の前半の舞台はパリ。いまのタイのカオサンのように、陽気な遊び方ではない。
確かに、ドルのおかげで生活には困らないし、30歳を超えているが独身で自由である。
しかし祖国を捨て、生きる目的もなく、戦争の怪我で性的機能も失っている。
どれだけ酒を飲んでも、どこか満たされない空虚感にいつも支配されている。
心理描写がなく、淡々と行為と会話で進んでいく「乾いた文体」が、ジェイクたちの虚しさを際立たせる。
 
一方、パンプローナの若き闘牛士、ロメロ。
彼の生き様は、ジェイクたちとは真反対だ。
闘牛は絶えず死と隣り合わせのスポーツである。一瞬の油断が命取りとなる。
そんな危険なスポーツ、しかも相手の牛を殺すという野蛮なスポーツを、「阿呆らしい」と思う人は当時もいる。
パンプローナのあるウェイターは、脱走した牛に殺された人のことを「たかが遊びで」「一時の気晴らしで」と嫌悪感を示す。
しかし、ロメロはいつも真剣勝負で「最良の友達」である牛と戦っているのだ。
 
闘牛シーンの生き生きとした描写が素晴らしい。
読了後に実際の闘牛の動画をYoutubeで見たが、動画よりもヘミングウェイによる描写のほうがドキドキする。
 
闘牛のシーンだけを読んでもおもしろいが、ジェイクたちのモラトリアム的な日常との対比が鮮やかである。
ジェイクたちには欲求がない。金も自由もあるが、逆に言えば死の心配がない。
世界大戦という強烈な時代を経験した彼らにとって、命をかけてでも「コミットメント」できるものがない状態は非常にキツイのである。
酒を飲んで気を晴らしても、酔いから覚めればいつもと変わらない一日がまた始まってしまう、すなわち、日はまた「昇ってしまう」。
かたやロメロは、命の危険を冒して、闘牛という競技に全力を捧げる。
確かに、それは「たかが遊び」の「阿呆らしい」ことかもしれない。しかしいざ闘牛場に立てば、そこは人間と雄牛の命を懸けた真剣勝負。
そこには紛れもない「生の実感」がある。
この対比が、闘牛のシーンをより緊張感のあるものにしているように感じられた。
 
実際、ヘミングウェイ自身も闘牛にかなりハマっていたらしい。
そしてジェイクたちのモデルは、自分やパリで出会ったその友人たちだそうである。
ヘミングウェイは「自分で経験したこと」を描写するのが得意で、逆に経験していないことは書けないタイプの作家だったと、読書会で聞いたが、すごくわかる気がする。
 
猫町倶楽部の読書会で、関連するオススメ本を紹介する時間があったので、ちょっと考えたのだが、
ちょっと乱暴に言うと、結局ジェイクたちは「暇」なんだと思った。
戦争という大混乱を経験した彼らは、暇があってもそれを「暇つぶし」することを知らない。
だからこそロメロの闘牛が際立つのだが、誰もがロメロのようにはなれないのもまた現実。
というわけで、國分功一郎「暇と退屈の倫理学」を紹介してみた。どんな風に思われたか、なんとも言えないが。